妊娠を知らない子供たち

妊活中の友達と話していた時、自然と葉酸のサプリの話題が上ったのですが、使いやすいのはどこのサプリかな、って聞いてみると、どうやらベルタのものが一番興味あるみたいです。サプリは妊娠前から摂取すると効果的だって母から聞いたことがありましたから、彼女に伝えました。妊活を頑張っている友達には、絶対幸せになってほしいと思うので、元気な赤ちゃんが生まれるといいなと思う今日このごろです。

葉酸の摂取によって赤ちゃんの先天的な神経管障害が発症しにくくなることが明らかになりました。こうしたことを踏まえ、適切な量の葉酸摂取を厚生省が認めており、妊婦に対して摂取を呼びかけています。実際に葉酸サプリに代表される補助食品のうち、いくつかは特定保健用食品の認定を受けているものもあり、私の周りでも、実際に妊婦さんが利用しているというケースが多いです。

葉酸の摂取については、赤ちゃんを授かった事が分かってから意識的な葉酸の摂取を始めた方が殆どだと思います。それと同時に、一体いつまで葉酸を摂取するべきなのか、といった疑問もよく耳にします。赤ちゃんの為に摂取をされているという方は、妊娠中だけの摂取でも、もちろん問題ないでしょう。しかし、葉酸が担う働きは妊娠中に限ったものではなく、それ以外でも不可欠な栄養素の一つで、人体のバランスを整えるといった働きをしています。ですから赤ちゃんを無事出産した後にも、定期的に摂取する事で日々の生活を健康的に過ごす手助けになると思います。

実は、妊娠を計画している女性に向けて、厚生労働省が、積極的な葉酸の摂取を求めています。
孕ませ合法化
受胎時からおなかの中の赤ちゃんは細胞分裂を始めますが、葉酸にはこの細胞分裂を正常に促す作用があると言われています。そのため、適切に葉酸が補給されないと、例えば、神経管閉鎖障害に代表される先天的障害が発症する危険性があります。細胞分裂は、一般的に妊娠に気付きにくい受胎時から既に始まっています。この時の細胞分裂が正常になされるようにするためにも、妊娠前から妊娠初期にかけての期間は、日常的な食事以外に、栄養補助食品を活用しながら、1日400μg(0.4mg)を目安に葉酸を補給することが、厚生労働省により推奨されています。

なんとなく不妊を疑いはじめたら、基礎体温計測から始めてみましょう。簡単すぎるようですが、基礎体温の推移を見れば体内のホルモンバランスの変化や状態が分かり、不妊治療の大事なきっかけになるのです。基礎体温表を作るには、入院患者さんと同じで「起床時」に「毎日」計らなくてはいけないという決まりがあるので、その通りにしていくのが大切ですが、時間もかからないので、すぐ慣れると思いますよ。

妊娠を知らない子供たち はコメントを受け付けていません。

Filed under 未分類

Comments are closed.